1. HOME
    2. ソリューション
    3. マーケティングソリューション

    マーケティングソリューション

    1. マーケティングを取り巻く事情

    マーケティング (市場戦略) には、商品戦略 (商品のポジショニング、価格付け)、消費者戦略 (消費者のセグメント把握、アンケートなどによるライフスタイルの抽出)、 広告戦略 (出稿メディア、広告內容、ターゲットの選択) の 3 つの側面の戦略があります。近年、それらの戦略を立てる上で有用なデータが大量に収集できるようになってきました。 個別の消費者についての行動ログを収集でき、その消費者に対して直接 1 to 1 でアプローチすることも可能になっています。 これらのデータは多種多様で大規模であるがゆえに、マーケティング活動にどのように生かすかが、さまざまな業界に共通する課題となっています。

    2. 數理科學によるマーケティング戦略策定

    株式會社NTTデータ數理システムは、數理科學から導き出された最新の分析手法を多數保有しており、大量なデータから経営戦略に生かすことのできる知識を効率よく抽出することが可能です。 これらの分析手法を用いることによって、データから具體的なマーケティング戦略を策定するためのソリューションを提供いたします。

    3. マーケティングにおけるデータ分析の位置づけ

    マーケティング戦略立案

    マーケティング活動においては、自社の方向性を定めたうえで事前に戦略を立案する必要があります。この戦略の立案においては、消費者像や商品のポジションの把握が必須ですが、 消費者の好みも多様化しており、従來の人間の直観や経験を頼りに分析することは困難です。それで、データマイニング技術を使い、個々の消費者の行動まで考慮することによって、 より詳細な消費者の好みに応じたマーケティング戦略の立案が可能となり、具體的な計畫を立案するフェーズでは、最適化?シミュレーション技術を援用することで、 収益アップにつながるような戦略を立てることもできます。

    マーケティング施策の評価

    実施した戦略は、次の戦略に結び付けるための結果を引き出すために、戦略が成功したかどうかの評価が必要です。 この評価においては、一般的に様々な視點での評価結果があるため、臨機応変でアドホックな評価方法では結果を見失いがちです。 そこで、現実の狀況に即した科學的な分析手法を用いることで、次の戦略に結び付く具體的な結果を導き出すことが可能です。 さらに戦略の結果から、次の戦略に有効な消費者ターゲットや、商品ポジションを絞り、重點的に資源を配分して効率的なマーケティング戦略を立てることも可能です。

    4. マーケティングへの適用可能範囲

    マーケティング分野においては、具體的には次のようなことが株式會社NTTデータ數理システムのソリューションにより可能となります。

    • 消費者アンケートから消費者セグメンや隠れた心理の抽出
    • 購買履歴データの分析の夜類似商品のまとめ上げ
    • 製品の販売推移の時系列予測
    • 広告メディアの決定?広告費配分計畫の決定
    • コストに見合った商品販売戦略の立案
    JiZzJiZZ国产免费A片